『Elden Ring(エルデンリング)』考察:エルデンリングの世界では生命は輪廻転生するわけだよね

『Elden Ring(エルデンリング)』考察:エルデンリングの世界では生命は輪廻転生するわけだよね
809: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:07:15.59 ID:vQfmhHtRa
エルデンリングの世界では生命は輪廻転生するわけだよね
多分これがどこに帰ってどこから生まれるというのが律だと思うんだよ
黄金律は黄金樹に帰って黄金樹の琥珀から生まれるルール、夜の律は星光から生まれ星光に帰るルール
これは生命とは不可分なもので、神になったものがこの生命循環の根源を定めることになる

かつて黄金樹はそこにあって生命の帰り先でしかなかったはずがある時エルデの獣によって意思を持ち黄金律信仰以外を許さず、黄金律以外のものをも律しよう、とりこもうとし始めた(流れる星をも律し)、これがエルデの獣=ラダゴンの動き

ラニは最後マリカを修復することなく弔い、黄金律を終わらせている
生命が帰る先は地上にある黄金樹ではなく夜空にある星のように遠くにあって、いずれ帰るとしてもそれまでは誰の手にも触れられない、誰に影響を与えることもできないものであるべきだと

811: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:12:19.98 ID:rPPerYpW0
>>809
律は生死を司るって考察良いね
思えばマレニアの腐敗も輪廻転生に関わる律って言われているし
黄金律と腐敗律の情報以外に現状はないし、凄く良い説だと思う
812: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:12:33.13 ID:pULxwLgbr
>>809
黄金樹の到来はエルデの獣と同時期だと思われるので、それ黄金律の時代以前は生命の在り方は黄金樹に寄らないものだと考えます
813: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:18:52.96 ID:81DSwCTEF
>>812
これ自分もすごい気になる
狭間にはもともと星光を帰り先とする夜の律しかないところにエルデの獣=黄金樹がやってきて夜律を封じ込めたのか
ないしは黄金樹を生命の循環先とする一族もいたが黄金樹にエルデの獣が宿って黄金樹の形を歪めたのか
個人的には後者なんじゃないかと思ってるが、エルデの獣がやってくるまでは黄金樹はなかったとする記述あったっけ?
822: 私は誰だ 2022/05/08(日) 14:41:34.64 ID:oKg6t/Ger
>>813

>エルデの王の冠
>最初のエルデの王、ゴッドフレイの王冠
>黄金樹の始まりは、戦と共にあり
>ゴッドフレイは戦場の王であった

黄金樹の始まり、とあるので黄金樹はわりと新参者

810: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:10:25.32 ID:pULxwLgbr
>>808
なるほど夜の律や黄金の律、腐敗の律はエルデンリングとは別という解釈なのですね
律そのものに意思は無いが何かに寄り添う性質があるという見方には納得しました
814: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:25:45.91 ID:rPPerYpW0
黄金樹より前の生死は祖霊の王の追憶にあるテキストじゃダメ?
816: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:33:15.10 ID:kKeK350jd
主人公はミケラに都合のよい存在ではあると思う
大抵、ミリセントを助けるだろうし
すべてのデミゴッドを倒して
ミケラの針も手に入れるだろう
817: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:38:58.42 ID:eDXmoEIQ0
輝石の故郷とされる、遥かな星空

アズールの垣間見た源流は、暗黒であった

彼はその深淵に心奪われ、また恐怖したという

ルーサットの垣間見た源流は偉大なる星団、その終焉の瞬間であった

その時、彼の全ても壊れてしまった

818: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:47:20.03 ID:eDXmoEIQ0
・アズールの源流は緑の輝石

・ルーサットの源流は青い輝石

そして、他には”アルベリッヒの赤い輝石”がある

アルベリッヒの装束は、「罪の茨」と「罰の茨」のダメージを+6%する

・罪の茨、罰の茨

「追放された咎人たちの、異端の魔術
”学院が最も忌み嫌うもの”

茨でその瞳を潰された咎人たちは
永遠の暗闇で、”血の星”を見出したのだ」

819: 私は誰だ 2022/05/08(日) 11:52:16.68 ID:7qXjh18V0
黄金樹以前の死は
生死の芽吹き→祖霊
芽吹きなき生命の刈り取り→死の鳥
って感じかな
祖霊信仰の翼の御使は死の鳥とイコールと考えてるけど
死の鳥は外なる神の産物だし祖霊信仰の一部というよりは別の死の在り方だと思う
ヘルフェンの尖塔の説明とかを見るに英霊の魂に祝福に似た導きを与えたりもしていた
英霊の魂に対する最も古い弔いだから霊廟騎士が羽を背負ってたりするのかな
828: 私は誰だ 2022/05/08(日) 20:20:52.69 ID:Qf5/QnUf0
>>819
祖霊信仰って坩堝系の古い信仰の一つで死してまた芽吹くシンプルな信仰じゃないの?
死の鳥も古い信仰の一つでこっちはホイホイ転生しないような死生観に感じる

確かに英霊の弔いにローゼスとヘルフェンは深く関わってそう

833: 私は誰だ 2022/05/08(日) 23:04:08.75 ID:kA3s7JUdM
>>828
死してまた芽吹くというのはそうなんだけど翼の大角のテキストによると
>祖霊の力が強く宿る、特別な角のひとつ
>翼の大角を、霊祀の武器として振るうもの
>それは祖霊信仰における、御使いの翼であり
>芽吹き無き生命の刈り取りである
とあるから芽吹き無き生命というのも存在したらしい

祖霊は黄金樹の外の神秘で坩堝は古い黄金樹祈祷だから違うものなのかと思っていた
角のみと諸相の違いはあるけど身体に何か現れるから関連はありそうだけど

823: 私は誰だ 2022/05/08(日) 18:58:37.16 ID:rPPerYpW0
実際の所、律っていうのが世界のルールってのは分かるけど具体的にどこまで影響を及ぼすルールなのか分かんねんだよな
黄金律が、豊穣を与えたってのは分かるけど、具体的にどういう風にどういう豊穣を与えたのか謎なんだよね
環樹が黄金律の能力なのか黄金樹の能力なのか分からない
祖霊の王の追憶、フィアのセリフ、ゴーリーの腐敗の律の説明から見るに生死観は信仰に依存するから環樹も黄金律側の能力なのだろうってのは考察できるけど、それ以上の能力がどの程度の影響を及ぼすのか律にはよく分からないんだよね
824: 私は誰だ 2022/05/08(日) 19:17:06.09 ID:WHiXksio0
食料関連施設が何もないから黄金樹のお膝元はメシ食わなくても生きてけるんだろうなと思ってる
825: 私は誰だ 2022/05/08(日) 19:24:50.15 ID:rPPerYpW0
>>824
そのへんも説明ないからよく分からないけど、放浪商人が腹減ってるからルーンをくれって言ってるんだよね
ルーンはエルデンリングの一部で、エルデンリングが黄金律で、黄金律が黄金樹で、祝福(ルーン)が黄金樹からもたらされた
腹が減ってルーンが欲しいという
以上の点から黄金律と黄金樹によって与えられたルーンによって空腹が満たせるっていう仮説は立てられるんだよね
826: 私は誰だ 2022/05/08(日) 19:52:14.24 ID:tEw1vkEn0
円卓の城館とか炊事場っぽいのちょっとあるし普通に食文化はあるんじゃないかね
食わなくても死ななそうではあるけども
ローデイルの建物がどれも死蝋?でドア固められてて入れないのが惜しいなというかなんで固まってんだろうあれ
827: 私は誰だ 2022/05/08(日) 20:02:52.82 ID:7qXjh18V0
ストームヴィルとかにも炊事場あったな
あと各地の小屋に鍋もある
あとはならず者のカニとエビ
あれは嗜好品な気もするが
829: 私は誰だ 2022/05/08(日) 21:44:52.02 ID:5lAXyOuU0
ああそう言えばレアルカリアにはそういう生活感のあるところなかったな
学校以外に学生寮でもあるんかな
それともそれこそ輝石の力で腹減らないとか……?
831: 私は誰だ 2022/05/08(日) 22:29:18.44 ID:es96jVsA0
星光の欠片とか琥珀の星光が甘いみたいだから輝石も甘いのかもね
結晶人が腐敗に侵されてるのも普通に甘くて栄養があるからだったりして
(Visited 292 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA